| Home | Topics | Bockerl | Ski-Bockerl | Manual | Video | Information | Links | about us | contact | Shop | Press |
取扱い説明書

 

ポッカールの取り扱いと操縦の説明書


1.ポッカールユーザーのみなさんようこそ!

この新しいスポーツアイテムは必ずあなたにたくさんの楽しみを与えてくれるでしょう!
下記の取り扱い説明書は初めて乗った時の操縦方法、許可、責任、保証に関する情報を提供します。
あなたが自転車を運転したり、そりに乗れるなら操作は簡単です。

では、ポッカールツアーへ☆

ライン

2.初心者のための準備

・最初に乗るときには、緩やかで平らな斜面で乗って見ましょう。

・まずポッカールに乗って、太ももの下のハンドル をしっかり握りましょう。

・体の位置を確認してください。あなたの足を前へ伸ばしてください。そして体勢をVの字にしてわずかに後ろに傾かせ股を少し開いてください。

・軽く膝を曲げ、足の裏を地面につけてください。

・あまり膝を曲げてはいけません。いつも足は軽く伸ばしていて下さい。

・ゆっくり前方に動いてみましょう。自転車を乗るときのように安定したバランスを維持できるスピードを保ってください。

・ゆっくり曲がってみましょう。カーブする方向に体を少し傾け、カーブ内側の膝もあわせて少しまげてあげましょう。

・油圧ブレーキと自分の足を使ってスピードを調節してください。

・歩行者と自転車などに気をつけてください。公共の通りは避けましょう。

・緩やかな傾斜地でゆっくりしたスピードでもぐらぐらしないで乗れるように練習します。

・後輪から中輪の間くらいに重心がある意識ができてくるとうまく乗れてきます。
2_12_22_3
ライン

3.ポッカールの次の段階

・体を少し引っ張って、腹筋を使って後傾姿勢を維持してください。

・カーブするときにあなたの下にあるハンドルを使ってカーブしようとしないでください。体とポッカールで軸を作り、車体を傾けバランスをとることによって操縦します。さらに足を前に差し出して開いてください。足はほとんど地面にはつけません。しかしカーブしている間、曲がっている方向の足は地面に少し擦りながら曲がると曲がりやすいです。

・基本的には油圧ブレーキを使って速度を落とし、あまり足を使って速度を下げる意識はしないでください。

・アスファルトや急な山道などすこしずついろいろな道をチャレンジしてください。それにより早くポッカールの操縦を覚えるでしょう。
3_1
ライン

4.上級者

・操作中に足を地面につけないでバランスを取れるようになれば、急な道などいろいろな斜面を進んで行く事が出来るでしょう。

・より難しくて、より急で、非常にハードな道を運転していくためには、更なるステアリング能力を必要とします。いつも周りの状況(特に歩行者など)には、気をつけてください。

・あなたがたくさん練習すればするほど、速いスピードでポッカールを思い通りに操縦できるはずです。ポッカールは低い車体と低い姿勢なので、重心がとても低く自転車やインラインスケートなどより、安全です。
しかし、適切なスピードのコントロールを忘れないでください。

・自分でブレーキを使える速度を維持してください。

・急な坂道を飛ばしているときは、ブレーキシステムに大きな負担がかかる事を覚えておいてください。この場合、自分自身の足を使ってブレーキをサポートしなければなりません。


※世界チャンピオンのSchorsch Hackl氏が我々のBockerlもチェックしてくれて大満足!
4_14_2
ライン

5.使用前の点検

乗る前に以下の部分をチェックしてください。

・タイヤと空気圧。

・ブレーキシステム

・ブレーキパットの残量。

・タイヤへ伝達するブレーキの圧力調整。




フレームの裏からブレーキパットの残量を確認できます。ブレーキパットの限界点を超えて使用しないでください。














タイヤに空気を入れるとき、なるべく圧力計を備えている空気入れを使ってください。少し走れば適切なタイヤへの圧力がわかります。通常の自転車用の空気入れを使うには付属のアダプターを使います。特に中央のタイヤではアダプターが必要です。
5_15_25_3
ライン

6.1標準的なセッティング

空気圧:2.5バール(約2.5kg/cm²)(前、中央、後ろ)
ライン

6.2調節の参考

基本的には標準的なセッティングで異なる路面を降りていくことが出来ます。しかし、あなたがより良く最適なセッティングで走行したいならば、以下を参照にしてください。

  タイヤの圧力
子供 2バール (約2.0kg/cm²)
大人(65kg前後)
砂利道
2バール (約2.0kg/cm²)
大人(75kg以上)
砂利道
2.5バール (約2.5kg/cm²)
大人(65kg以上)
アスファルト
2.5バール (約2.5kg/cm²)
大人(75kg以上)
アスファルト
2.5バール (約2.5kg/cm²)

ライン

6.3ブレーキシステム

ハンドブレーキのダイヤルを回すことによって、油圧ブレーキの調節を行うことが出来ます。ブレーキを半分まで握れる状態がベストのブレーキ調整位置です。











注意

1)Bockerlには、ブレーキ-システムがありますが。もしブレーキが壊れた場合、両足の踵から足を着いて止めてください(絶対につま先からは着地させないでください)。

2)ディスクブレーキは、非常に熱くなっています!絶対にディスク部分には触らないでください。

 

6_3_16_3_2
ライン

7.保護について

我々は、プロテクターなどを装着してBockerlを操縦することを勧めます。

ヘルメット及び膝と肘のプロテクターを装着しグローブをしてください。
ポッカールのプロテクター類やグローブなどは、http://store.yahoo.co.jp/progicをご利用ください。
ライン

8.保証と返品について

ポッカールは1年の保証が付いています。

下記の規制に注意してください。

・一度使用したものは返品不可能になります。

・Bockerlが取扱説明書に従って使われる場合にのみ、保証は有効です。

・Bockerlに技術的な手を加えた場合保証対象外となります。
ライン

9.メンテナンスと修理

メンテナンスや修理、予備部品の購入のためにはウェブサイトhttp://www.bockerl.jpまでご連絡ください。

・あなたがタイヤを換える必要がある場合は、ホイールナットの締め方に注意してください。

・アイテムのどんな改造や技術的な変更でも保証対象外になってしまうことを思い出してください。
ライン

10.証明と責任に関する情報

・Bockerlは砂利、土の路面、アスファルト、草原その他に適用します。

・BockerlはTUVの安全試験認証に合格し、TÜV(テュフ)の認定を受けています。
(TÜVはドイツの製品安全の認証を行っている機関です。確認はTÜV Japanでも可能です。)

・Bockerlは公道で使用することは出来ません。

・Bockerlの製造時の技術部品の欠陥でなく、過度の速度や不適切な使用に対しては一切責任を負いません。

・車や自転車を運転するように状況によって速度は調節してください。

・製品は、高品質の油圧ブレーキシステムを備えています。しかし、必要な制動距離が環境状況(湿気、ゆるい砂利、湿っぽい草その他)によって異なることを忘れないでください。

・山道で乗る時は、歩行者とサイクリストには十分注意してください。

・ブレーキと空気圧は、使用の前に定期的にチェックしてください。

・Bockerlは一人乗り用に作られています。

・品質の保証は、ジャンプなどを除く通常の操縦で最大積載量(リュックなどの荷物を含む)100kg以下です。

・空気圧の調整は、使用者の技術と路面の状況に適していなければなりません。

・Bockerlは滑降するためのもので、エンジンを取り付けたりすることはしないでください。

・Bockerlは正規販売店契約された販売店からの購入のみ保障と部品供給をおこないます。

・Bockerlは、小学生以下の幼児が一人で使用することは危険です。必ず保護者の監視の下で使用してください。

Bockerlを操縦することは、自転車、マウンテンバイク、インラインスケートをすることと類似しています。スピードの出しすぎは、操縦する人、他の人に怪我を引き起こすことがありえます。この場合、メーカーはどんな責任も一切負いかねます。

あなたがルールを守ってBockerlに乗ってもらえるなら、一人でも、大勢で走る時も、きっと今までとは違った楽しさ感覚が得られるでしょう。そして、あなたは多くの見物客の注目を集めることでしょう。
ライン

11.追加情報

商品名Bockerlとその製品は、アジアとEU圏でSchletterGmbH社が特許権を持っています。
この製品のアジア地区における商標権・著作権の独占使用権はプロジックシステム株式会社が所有しています。

www.bockerl.jp


About us Contact us   Copyright © 2007 ProgicSystem Co., Ltd. All Rights Reserved.